ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


メニュー

トップ (メニュー)  >  中津祇園  >  中津祇園とは  >  中津祇園はこんな祭
 中津祇園は、10万石の城下町中津を代表する祭で、疫病退散・無病息災の祈願を目的に、毎年7月20日過ぎの金曜日から日曜日の3日間行われます。 闇無浜神社(くらなしはまじんじゃ)を中心とする「下祇園(しもぎおん)」と 中津神社を中心として行われる「上祇園(かみぎおん)」とからなります。

 今から約580年前の1430年(永享2年)に、丸尾某の霊夢によって豊日別宮(闇無浜神社)および祭礼を再興し、下正路浦の漁民が祇園の御分霊を京都 の八坂神社から改めて勧請し、下正路浦の漁師の村祭としてのささやかな祭が行われたのが起源とされています。約330年前(1683年)に現在のような 「祇園車」と呼ばれる漆塗りの華麗な山車が出されるようになりました。

  現在では、 下祇園上祇園合わせて12台の「祇園車」が、 中津の城下町(南部校区・北部校区)を練り歩き、 高〆が張られた辻々では、祇園車の舞台で華麗な民舞等が奉納されます。

  その賑やかさから、昭和初期までは九州三大祇園祭(博多祇園山笠・小倉祇園太鼓)と称され、 今日でも豊前三大祭り(宇佐八幡宮夏越し祭・小倉祇園祭)・ 豊前三大祇園(小倉祇園太鼓・今井祇園)・ 大分三大祇園(日田祇園・臼杵祇園)と称されています。

  見所は、朝車(中日)・戻車(最終日)の晩に行われる「練り込み」で、 双方の広い境内で高さ約5メートルの祇園車を勇壮に走らせます。 このことから、祇園車は走る文化財とも呼ばれます。下祇園はスピードが魅力の「棒練り」で、直線的に走ります。 一方、上祇園はダイナミックな舵きりが魅力の「廻し練り」で、弧を描くように走ります。「練り込み」は、中津藩主の病気治癒を祈願して、1712年(正徳2年)に、祇園車を城内の
椎木門から西御門までを走らせたのが起源とされています。

  中津祇園の勇壮さを楽しむという意味では、平成9年度より始まった『集団山車見せ』も見逃せません。 この行事は、合計12台の祇園車が、旧市街地のメインストリートである福沢通りを颯爽と走り抜けていくもので、 朝車(中日)の夜に行われます。 また、初日の花火大会終了後、下祇園の祇園車が威勢よく闇無浜神社へ入っていく「お宮入り」も 迫力満点です。



プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:591 平均点:6.07

カテゴリートップ
中津祇園とは
次
駐車場・トイレ・御神幸マップ
検索
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが メインコンテンツ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
Copyright 中津のお祇園さん