ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


メニュー

頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
おしおいとり

お汐井取り


 「お汐井取り」は、心身を清める意味があり、水飢饉のときの風習として中津藩内で広く行われていました。中津祇園祭においても、祇園祭準備の開始を告げる行事として慣習化したようです。「お汐井取り」では、祇園祭に参加する青年が御祓を受けてから海に入って汐を取ります。そのときの真砂は玄関先に小さく盛って清めに用い、海水は祭典の朝に、笹で御神輿の担ぎ手や祇園車の曳き手に振り掛けられます。
 姫路町では途絶えることなく、この神事を伝承してきました。下祇園の神事としては戦後一時的に途絶えていましたが、平成11年に復活しました。
関連記事:
参考文献:
関連サイト:
Powered by Xwords  based on Wordbook
閲覧者のコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
検索
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中津祇園大辞典 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
Copyright 中津のお祇園さん