ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


メニュー

頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
ちゃべんとう

茶弁当


「茶弁当」は、御神幸の際に祇園車の後から、二人で担いでお供する移動茶箪笥です。中津祇園では、万延元年(1860)に初めて茶弁当の許可が下りました。当時は、羽織袴を着た町の役員がこの茶弁当を利用して、引き手や見物人にお茶などを接待していたようです。
この風習は昭和初期まで残っていたようで、現在でも茶弁当を保存している町内もいくつかあるようです。
 画像は、平成12年に復元された姫路町の茶弁当です。また、中津市歴史民族資料館では、京町の茶弁当が展示されています。
関連記事:
参考文献:
関連サイト:
Powered by Xwords  based on Wordbook
閲覧者のコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
検索
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 中津祇園大辞典 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
Copyright 中津のお祇園さん